インターナショナルスクールの教室
川崎インターナショナルスクール校章

With you since 2009

最新情報

教育理念

教育理念

川崎インターナショナルスクールは、早期教育において最高の基礎を与えることを使命としています。私たちは、すべての人に教育を提供することを目的とし、以下のことを目指しています。

・卓越した教育

・強靭な人間を育てるための構造的かつ体系的なアプローチ

・人間としての中核的価値観の教育

上記のミッションの背景にある哲学は、子供たちの能力を最大限に引き出すためには、構造化された指導が必要であるという確固たる信念と経験に基づいています。幼少期の子どもたちは、何が自分にとって良いことなのかを判断する識別力をまだ持っていないため、体系的に物事を進められるように指導する必要があります。新しいことを学び、新しい問題を解決していく中で、自分に自信を持ち、自分を信じることのできる強い人間に成長していくようにしなければなりません。自信を持つためには、情報や知識も同様に重要ですが、私たちは、教育は単に情報を与えるだけではないと考えています。教育は未来への礎となるものです。第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーンは、次のような言葉を残しています。

"ある世代の学校の教室の哲学は、次の世代の政府の哲学になるだろう"

教育は国づくりの核心でもあるので、私たちは、「愛、真実、平和、正しい行動、非暴力」という人間の中核的価値観に基づいて行われるべきだと強く信じています。これらの価値観は、国際的な環境で調和を図るために非常に重要です。幼い頃からこれらの価値観を実践することで、子供たちにダイナミックな自信を与え、それが子供たちの全体的な成長に不可欠なのです。

私たちは、学習に強い関心を持ち、自信に満ちた個人を育てることを目指しています。

仕事の環境がグローバル化している中で、優れたコミュニケーション能力と英語力、そして異文化環境での経験が重要になっています。幼少期の教育は将来の成長の基礎となるため、子どもたちがグローバル化した現代社会で成功するための環境を整えることは非常に重要です。

川崎インターナショナルスクールでは、2歳から12歳までの子どもたちに、国際社会で活躍するための基礎を身につけてもらうために、幼稚園や初等教育の場を提供することを目的としています

また、真実、正しい行動、平和、愛、非暴力といった人間の核となる価値観の教育を通じて、人格形成にも力を入れています。

その目的は、忍耐と相互尊重のある調和のとれた社会のための貢献者を育てることです。また、楽しみながら学ぶことで、子供たちが自分のペースで学習できるようにし、幼い頃に必要な愛情とケアを与えることを信条としています。

世界的な成功を目指す私たちのミッションに参加していただけることを楽しみにしています。

当校のご紹介

当校のご紹介

K.I.S.での学び
 

21世紀の教育システムは、いまだに絶えず変化し、進化し続けています。幼い頃から、学習者はテクノロジーを使って探求することが奨励されています。ロボット工学やエンジニアリングなど、さまざまな種類のテクノロジーを子どもたちの日々の活動に取り入れることで、地球環境の要求に応えるために必要な21世紀型の能力を身につけることができます。

真のグローバル環境では、私たちを取り巻く現実の世界に関わるために必要な知識、スキル、価値観を求め、発展させることを若い心に促すことが重要です。それは、小さなアイデアでも大きな変化をもたらすことができるという信念に他なりません。

川崎インターナショナルスクールの集中教育プログラムは、上記の価値観を念頭に置いて特別にデザインされています。 幼稚園児と小学生を対象としたコースがあります。英語を教育媒体とし、言語能力、数学、身体訓練、美術工芸、実技科学、社会科学、そして真のグローバル市民になるための自由な発想力の育成に重点を置いています。

また、[School Readiness Program]の一環として、2歳児を対象とした特別教育も行っています。 K.I.S.では、単に英語を学ぶだけではなく、文化の違いを理解し、尊重しながら、英語のカリキュラムの一部として日本語を学んでいます。

また、K.I.S.のカリキュラムでは、"Arts and Crafts "も重要な位置を占めています。この種目は、幼い頃から子どもたちの想像力や創造力の基礎を形成するのに役立つと考えています。

 

生徒の日常生活に図書館の時間を取り入れ、読書の楽しさを教えることで、生徒の識字能力を向上させることができます。学習者の全体的な向上のために、プレイタイムは生徒の成長と発達に重要な役割を果たします。この時間は、教室の外で学習者同士が交流することで、自主的に学習する機会を与え、対人関係や行動のスキルを向上させることができます。

文化的に反応する方法論を用いて教育を行い、多文化教育に関するインクルージョンと意識を取り入れることは、すべての若い学習者にメリットをもたらします。教室の内外を問わず、多様性は今後も増え続けるでしょう。そのため、変化する世界に適応できるように生徒を磨くことが必要です。

また、K.I.S.では、博物館や動物園、工場などへの観光ツアーを実施し、子どもたちが科学や自然について実践的に学べるようにしています。

校長のご挨拶

学び

川崎インターナショナルスクールでは、教育は児童にとって負担ではなく人生の有意義な楽しい歩みでなければならないと考えております。
学校で学んだすべてのことを忘れてしまったときに心に残った価値観は「教育」であると昔ながらの格言があります。
すべての児童は完璧な記憶力を持っています。通常、複雑なものであっても人々は最も興味を持っていることなら覚えているが、 興味 のないものが最も単純なものでも忘れがちです。すなわち、物事に対する「関心」が記憶力の鍵を握っているとのことです。

あなたが学習の瞬間を楽しく覚えていれば、それはあなた人生の一部となります。
人々はストレスにさらされている時、または心があまりにも仕事で占められているときはどんな簡単なことでも忘れる傾向があります。集中ができない時、どんなに覚えようとしてもな かなか覚えられないことは誰でもが経験したことはあるかと思います。
私たちは、そのため、教育への「関心」を引き出すことが重要と考えています。
楽しさを通して学ぶことで、子どもたちが勉強に 興味 を失うことなく、自然にいろんなことは学んで行ける能力を身につけられると信じています。

Principal


幼年期の早い時期でのよき教育こそが、よき人、よき社会、 そしてよき世界の礎です。子どもの健全的な成長を目指し、自然と周囲から直接学ぶ屋外レッスンや屋外遠足等も教育プログラムに取り入れています。

私たちは子ども一人一人が喜びと充実感をもって生き生きと学べるように教育に力を入れるように努力してまいります。
日本の国際社会を支援するという目標を達成する為に、子ども達のよき教育を目指し、皆様のご意見も積極的に歓迎いたします。

川崎インターナショナルスクール校長

シャルナ・バウナ

当校へのアクセス

 
通学

保育園

〒210-0835

神奈川県川崎市川崎区追分町11-6

TEL:044-280-6771

初等部

〒210-0834

神奈川県川崎市川崎区大島2丁目13-8

TEL:044-211-6545

AdobeStock_107108389.jpeg